福岡県福岡市東区五反田整骨院

治療院名 五反田整骨院
住所 福岡県福岡市東区松崎4-30-13
電話番号 092-681-6370
FAX番号
診療内容 腰痛治療 肩こり 膝痛 交通事故 脱臼 捻挫 打撲 スポーツ障害 むち打ち治療 骨盤矯正 保険対応 駐車場あり 交通事故治療 予約不要 無料相談
最寄りの駅 JR・西鉄千早駅
オリジナルHP http://gotandaseikotuin.hp-ez.com
紹介
 『五反田整骨院』は、構造医学に基づいた他院とは異なる治療法や治療内容で、交通事故のむちうち・腰痛等の痛みや不調の解消をはかります。開業38年という長い年月で積み重ねてきた豊富な臨床経験による、的確な視診・触診・問診・治療技術で、様々な症状を改善してきた実績がございますので、安心してお任せください。また、ヨガで習得した呼吸法等も指導し、心の快復にも努めます。患者様がご自身で痛みの原因と向き合えるよう日常生活での動作などもアドバイスいたしますので、是非『五反田整骨院』にご来院ください。

治療院スケジュール

診療時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
9:00~1:00 ------
3:00~8:30 ------ ------ ------
その他の診療時間  水・土:9:00~13:00

治療院インフォメーション

【2017/04/21】: 健康だよりー 内反足とは?
 歩行中、踵を接地して荷重がかかるときに、

踵の内側へ充分に荷重がかからない為に、

踵が外側へ傾いた状態を言います。

 内反足があると、膝⇒股関節⇒骨盤へと悪影響が広がり、

痛みが出ることがあります。

 又、O脚の原因であるといわれています。

 尚、外反母指の遠因になっています。

 又、膝⇒股関節⇒肩関節⇒頸椎へと広がる場合もあります。

 最終的には頸椎まで悪影響があり、

頭痛の原因になることがあります。

 五反田整骨院では内反足を矯正することで、
O脚が矯正されていく治療をしています。

また、日常生活で気を付けることは、

踵の内側へ充分に荷重がかかるように、

膝を内側へひねることを常に意識することです。


インフォメーションライン
【2017/04/21】: 内反足のチェックリスト
 下記の事を確認してみてください。

・過去に歩行中、足を捻挫したことがある。

 又は、よく捻挫しそうになったことがある。

・外反母指になったことがある。

・靴のかかと部分の外側が減っている。

・長く歩いた時などに膝や股関節近傍に痛み、クリック
(コクッコクッ音)、違和感が出たことがある。

・外果(そとくるぶし)下方のかかとに痛みが出たことがあ  る。

※該当するものがあれば、内反足の可能性があります。

※健康に関心のある方は、HP「リンク(情報満載)」をご覧ください。


インフォメーションライン
【2017/04/21】: 整骨院ってどんな時に行ったらいいの?
 よくある質問ですが・・・

そういえば整骨院って、いつどんな時に行けばいいか

よくわからないって言う人、多いと思います。


 整骨院とは、ケガを中心とした

身体に不調のある方のための治療施設です。

 例えば、日常生活や交通事故による負傷、

スポーツ障害など幅広いケガが対象となります。

 もちろん、保険適用の整骨院です

インフォメーションライン
【2017/04/21】: 五反田整骨院の対応として
*ストレスが原因の腰痛など、ストレスによる病気が
ありますので、メンタル・スペシャリストとして、
『心のケア』にも努めています。
 長年、腰痛や頭痛など痛みに悩んでいる方、日常のささいなことでも構いません
少しでも違和感を感じたことがあれば、それは体からのサインです。
一度来院されてみませんか?
一緒に解決できる様、少しでもお役に立てればと思っています。

*10年目になるヨガで習得した“呼吸法”も『心のケア』
に非常に役立ちますので、これもまた指導をさせて頂いています。

*スタッフの接遇・応対・言葉づかいなどの研修を
毎月行っています。

*治療内容は、いつ患者さんが来られてもスタッフが誰でも
対応出来るように毎日ミーティングしています。
 患者さんのニーズに合った価値を、より高い価値で提供します。

*時間のない方には短時間で効果が出る治療をします。

痛みにお悩みの方は、是非一度ご相談下さい。


インフォメーションライン
【2015/12/20】: 骨盤・股関節の重要性について

脊柱は椎骨とその間にある椎間板より構成されており、靱帯により連結されています。
脊柱の下の方は、仙骨で支えられており、この骨を囲んだ部分を骨盤と言います。

骨盤を構成する骨は仙骨と腸骨になります。(図A)
 
この部分は脊柱の安定性を左右する基礎となる部分です。
滑って落ちたり、ムチ打ち、運動、職業災害、負荷の偏り
などによって靭帯は伸ばされたり切れたりしやすいのです。
 
股関節支点がずれると…(図B)
靭帯が伸ばされたり切れたりしたならば、仙腸関節において骨の離開が起こり一方の腸骨が前方に動き、
もう一方の腸骨が後方に移動してしまう。
 
この回転が起こると一方の下肢が短くなり、
反対側の下肢が長くなる。
この下肢の長、短のために仙骨が片側に傾き
その上にある脊柱はアンバランスな状態になるのです。
当院のhp「骨盤・股関節の重要性について」には、イラストを挿入してますので、見ると理解しやすいと思います。

インフォメーションライン
【2015/12/20】: 「治る場を造る」という概念
 私は五反田整骨院を開業して37年になりますが、「患者さんが本当に求めているものは、何なのか?」ということをずっと考え続けて来ました 。

 そして、それは慰安治療(気持ちが良いだけの治療)や痛みをとるだけの治療ではなく、「本当に治りたい!」と思っているのではないかと思います。

 さて、本当に治るためには治療だけではなく、痛めた原因を取り除いていく努力をしなければならないと思っています。

 患者さんが日頃寝ているとき、座っているとき、立っているとき等に、悪いことだと思わずに習慣化しているものがあると思います。

これが痛めるときの“障害の素”になっていますので、これを取り除いていく方法が「治る場を造る」という概念になります。

 患者さんが日常生活で「治る場を造る」ことが出来れば、患部を正常に戻すことが出来ますので、自然治癒力が活性化されて、治ることになるわけです。

 五反田整骨院ではその概念に基づいて、根本的なものとして臥位(寝た状態)、立位(立っている状態)、座位(座っている状態)について、その重要性を説明して指導をさせてもらっております。

それは原因を除去しながら治療ができれば、本来の正常な状態に戻すことができるからです。

 そして、身体が正常になれば、人が本来持っている自然治癒力が活性化され、治ることができるわけです。

そうすれば、再発することが無くなります。
→当院HP「院長のご挨拶」より


インフォメーションライン
【2011/08/02】: 健康だより(4)ー腰痛を自分で治そう!
 日常生活で座面の硬い椅子に座る時に、お尻を斜め後ろ上方へ押し上げて、そのまま深く座ります。
そして次の事をチェックしてください。
その時、左右のお尻・坐骨・大腿上部の左右どちら側が座面に圧着していないかを調べてください。

 そして、それが確認できたら、両側のお尻・坐骨・大腿上部へ、左右均等にかかるように荷重重心を移動して、左右の仙腸関節へ充分に荷重をかけていきますが、両腿は内側へ寄せておいてください。
ここで注意してほしいことは、圧着してない側のお尻をより斜め後ろ上方へ押し上げて、そのまま深く座ることです。
それで圧着していなかった側にも充分に荷重がかかっているかを確認してください。

 さらに、クンバハカ体制*で、ゆっくり大きく深い呼吸をして下さい。
すると、血液に酸素が供給されて、関節が柔らかくなります。
*クンバハカ体制→:健康呼吸法(2)5.クンバハカ体勢習得の要領

 その時に痛みが出ますが、それを我慢して姿勢を保持します。
実はこれは治す時に出る痛みですから、大丈夫なので安心してください。
すると、3分くらいで徐々に痛みが取れてきます。

 これはどうしてかと言うと、患部の関節(仙腸関節・股関節)に「整合面圧」がかかり、関節の潤滑が改善されたからです。
つまり痛いところが修復されて治ったことになります。

 日常生活で座るたびに、これを繰り返し行うことで、治っていきますよ!
早く痛みが取れますので、是非やってみてくださいね!
私はこの方法で治っていますよ!!

当院HP「健康だより(4)ー腰痛を自分で治そう!」より

インフォメーションライン
【2015/12/20】: 交通事故にあったら、まずどうするか?
 五反田整骨院では構造医学に基づいた治療を行っています。 他院とは違った治療法、治療内容になります。今までいろいろな治療を受診してあまり効果が得られなかった方は、あきらめずに是非ご相談ください。五反田整骨院は交通事故による負傷、スポーツ障害の治療で臨床経験豊富な実績のある整骨院です。
もし、交通事故に遭ってしまったら、以下の流れに沿って対応してください。
1 警察へ届け出る
● 障害を負った場合は「人身扱い」の届け出が大切です。
● 自賠責保険での被害者の直接請求⇒交通事故証明書が必要になります。加害者側から賠償が受けられないような場合に、被害者が加害者の加入している損害保険会社に直接請求する方法もあります。
● 警察に事故届、診断書を提出する。
2 相手を充分に確認する
● 加害者の住所、氏名、電話番号など   
● 加害者が加入している自賠責保険・自動車保険の会社名・証明書番号など
● 加害車両の登録ナンバー
● 勤務先と雇い主の住所・氏名・連絡先
3 証人を確保する
● 交通事故の目撃者がいたら、その証言をメモしましょう。  
● 事故の日時、場所、状況を自分が加入している保険会社に連絡する。
4 自分でも記録する
出来るなら事故直後、記憶が鮮明なうちに、自ら現場の見取り図や交通事故の経過、写真などの記録を残しておくことも大切です。
5 医療機関を決める 
● 痛みがある場合や後から痛みが出た場合などは、相手もしくは保険会社に治療を受けたい旨の連絡を入れる。
● 自分が治療を受けたい医療機関を決めることができるわけだから、保険会社へはっきりと伝えることが大切です。
→当院HP「交通事故(むち打ち症」より

インフォメーションライン
【2015/12/11】: 午前中診療、午後休診:水・土

インフォメーションライン

携帯でも治療院の詳細を確認することができます。
こちらから携帯へURLを送ることもできます。
下記ボックスへ携帯のアドレスをご記入ください。
 



お得な情報

 五反田整骨院では構造医学に基づいた治療を行っています。
今までいろいろな治療を受診してあまり効果が得られなかった方は、あきらめずに是非ご相談ください。

治療院風景

【治療院風景】
駐車場は当院前に6台、隣に月極め2台があります。わからない時はお声をかけて下さい。

【治療院風景】
玄関から見た受付です

【治療院風景】
玄関から見た待合室です

治療院情報掲載について
治療院ログイン方法
友達に紹介
整骨院の中古医療機器をお探しなら治療院の卒業式
整骨院の居ぬき物件をお探しならこちら
接骨院/整骨院を探す
地域を選択してください
こだわりの条件を選択してください